千葉で大規模な葬儀が出来る場所を探しているという相談者への回答です。「馬込斎場」での体験者の感想と概要を記述します。

葬儀の準備はどこまでやったほうがよい?

遺品の整理と葬儀場の手配については、できるだけ早く目星をつけておきましょう。

参列者名簿がネックです。

要点をいくつかお話ししましょう。

■遺品整理・葬儀の手配。

意外に手こずる参列者の名簿づくり。

千葉に暮らしておられる叔父の方との関係にもよりますが、1つは遺品整理の手配、葬儀場の手配です。

その方との行き来が頻繁にあって、部屋の片付けも親類縁者でできるとか、葬儀場の目星はついているというなら、そのままの予定でいて構わないと思います。

当家でも千葉で独居していた親類縁者が亡くなりました。

式場の選択はネットで行えましたが、参列いただく方の名簿がつくれず、仕方なく家族葬ということになりました。

名簿は生前から故人とよほど緊密な関係がないとわからないので、できればその点も考えておいたほうがいいです。

■何にでも対応していただける「千葉みなとセレモニールーム」。

親類縁者と言いましたが、叔母は千葉市美浜区に在住していました。

そのため葬儀場として選んだのは「千葉みなとセレモニールーム」でした。

最寄り駅はJR千葉みなと駅。

駅から徒歩約15分ですが、タクシー便を使えば1000円ちょっとで済みます。

式場の規模や形式を迷っていたさなかでもあって、家族葬や自由葬、一般葬など、どんな葬儀にでも対応していただけること。

ぎりぎりまで決定を待ってもらえるというのが決め手でした。

■葬儀場に保冷霊安室が完備されていたことが良かったです。

式場選びのポイントの1つにしておいたほうが良いと考えます。

当家では病院に運んでから他界しましたが、遺品整理の会社との日程もあり、アパートの自宅に遺体を運び込むことができませんでした。

千葉みなとセレモニールームには保冷霊安室があり、葬儀当日まで遺体を預かってくれます。

それも式場選びの重要なポイントでした。

参考になりましたでしょうか。